Community

Looker 7.4 リリースノート

リリース予定スケジュール

リリース開始日: 2020/3/15
リリース完了およびダウンロード可能: 2020/3/26
:zap: APAC地域は日本時間2020年3月27日早朝のリリースを予定しています:zap:

リリース予定の変更など、リリースに関する重要な通知はLooker Technical Contacts 宛にメール配信されます。Lookerの管理画面よりTechnical Contactsの登録をお願い致します。
その他リリースに関する概要はこちらをご参照ください。

過去のリリースノート
レガシー機能の終了スケジュール

重要なお知らせ:
オリジナルのリリースノート(英語版)は標準のLooker documentationにて掲載されます。以下リンクよりご参照ください。
Looker 7.4 Release Highlights
Looker 7.4 Changelog

その他日本語のLookerドキュメントリスト

本スレッドへのコメントは公式には追跡されないことにご注意ください。ヘルプ・リクエストや障害報告については、新規トピックを追加いただくかLooker Help Centerからご連絡ください。

リリース・ハイライト

ダッシュボード (ベータ) アップデート

ダッシュボード (ベータ) で新機能がご利用いただけるようになります。

  • PDFまたはCSVフォーマットでのダウンロードが可能になります。※PDFの場合は、旧(現行の)ダッシュボードデザインにてレンダリングされます。
  • タイルコンテンツが以下のフォーマットでダウンロード可能になります:
    TXT, Excel, CSV, JSON, HTML, Markdown, PNG
  • グリッドレイアウトのオプションがサポートされるようになります。
  • マージリザルトがフィルタ可能となり、完全にサポートされるようになります。

新しいLookMLシンタックス

filtersorder_by_field の新しいシンタックスが導入されます。

  • 新しい filter シンタックスでは、より簡潔でシンプルに記載できるようになります。大括弧 []内でKey-Valueのペアの配列を示します。
  • メジャーは、order_by_field パラメータを使うことで他のメジャーでソートすることができるようになります。

Slack App アップデート

Lookerから複数のSlackワークスペースに接続できるようになります。

  • ひとつのLookerインスタンスから複数のSlackワークスペースに接続できるようになります。
  • コンテンツの送信またはスケジュールをする際、ユーザーは各ワークスペースについて認証し、接続されたワークスペースから選択ができるようになります。
  • ユーザーはLookerのお気に入りおよびフォルダ内のコンテンツをSlack上で見ることができます。

マーケットプレイス コンテンツ

マーケットプレイス上で更に新しいLooker blocksとビジュアライゼーションがご利用いただけるようになります。

  • 以下のLooker blocksが追加されます:
    • Salesforce
    • Hubspot
    • Square
    • Time Tracking Essentials
    • Finance Analytics Essentials
    • Project Management Essentials
    • Zendesk Analysis

Action Hub アップデート

2つの新たなGoogleアクションがご利用いただけるようになります。

  • OauthベースでのGoogle Driveアクションを利用して、PDFやImage等をLookerからそのままGoogle Driveに送信できるようになります。

  • OauthベースでのGoogle Sheetsアクションを利用して、CSVをLookerからそのままGoogle Sheetsに送信できるようになります。既存のSheetを常に上書きする、または違うSheetとしてスナップショット(静的データ)を保持することが可能です。

  • これらのアクションは 管理 > Platform > Actionsより有効化いただけます。こちらで有効化した後に、送信・スケジュール設定にてGoogleアカウント認証を行ってください。


その他の追加機能

  • フィルターでスペース (" ") が考慮されるようになります。

  • 管理ページのEmbed設定で、Embed Lookに対するフィルターのON/OFFが切り替えられるようになります。※この設定は、インスタンス上の全てのEmbed Lookに適用されます。

  • Datagroupのlabel 及び description パラメータが、管理ページのDatagroupsタブで一覧できるようになります。いずれのパラメータも、ロケールストリングを使ってローカライズすることが可能です。

  • データベースに対して新規にLookerから接続を追加する際、PDT stable views を利用するためのユーザー機能 (CREATE VIEW, SELECT, DROP VIEW) のテストを行うようになります。

  • ボード機能において、Edit権限を持つユーザーがボード上のセクションのコンテンツをドラッグ&ドロップでより簡単に再編できるようになります。

その他の変更機能

  • SnowflakeのJDBCドライバーがVersion 3.11.1にアップデートされました。これにより、結果取得のパフォーマンスを向上させるためのApache Arrow リザルトフォーマットがサポートされます。

  • SSLサポートのため、DremioのJDBCドライバーがVersion 4.1.4にアップグレードされました。既存の接続がある場合は管理画面の Database Connections の設定から更新が必要となる可能性があります。 Verify SSL Cert で接続をチェックしてください。

  • LookMLのconnectionパラメータが、インスタンスで利用可能なデータベース接続を自動でサジェストするようになります。

  • download_without_limitのパーミッションが、これまでのようなインスタンス全体への適用ではなく、特定のModelに対して設定できるようになります。

  • IDEで、これまではホバーしたときにだけ表示された”折りたたみ”のアイコンが常に見える状態になります。

その他のFIX

  • 詳細はこちらをご参照ください。
1 Like